きむの我がままdeニューヨーク!

カップうどんの汁

先日、普段買わない買い物をしていまいました。
おなかがすいていて、ジャンクとわかっていましたが、昔食べた事のある懐かしさで
カップうどん「赤いきつね」をついつい購入。でも食べる機会をのがして、家に置いてありました。

先ほど、ついに、食べてみようと食べてみたところ、このスープの後味の悪さに驚いてしまって、
なにか魚介類以外の動物系のものが入っているような気がして、表示をよく読んでみると、
な、なんと「卵白」が入っていました!

うわー、気持ち悪い!MSGだらけのうどんダシだと諦めていましたがまさか、「卵白」が入っているとは。

口直しに今、ハーブティー飲んでます。それでもなかなか口の中に残った嫌な後味が取れなません。
[PR]
# by KimKimNewYork | 2016-07-18 03:30 | ヴィーガンになろう

自分を取り戻す

新しい事が始まっても多くの事が終わりを告げ続けてしまう事に自分を責めていました。
これでもかという程に感じて、終わりたくないという気持ちが強かったからだと思います。
終わりたくなくても終わらせないと自分が潰れてしまいそうで、自分で終わらせたり、相手に終わらされたり。

クヨクヨしていました。

きっとこれからもクヨクヨする事があると思うけど
でも、今は違う、今日は違う、そういう気持が湧き出てきています。

10年前のこのブログを消さなくて良かった。

気が向いた時にしか書けないけど、
20年後に、またそう思えるよう
このブログを書く事は、続けていきたいと思いました。
[PR]
# by KimKimNewYork | 2016-03-28 18:19 | 日記・ひとりごと

今日はチャーチ坊の命日

久しぶりに・・・といってももう無くなってしまったと思っていたブログが残っていました。

パスワードの整理をしていたらブログのIDとパスワードとか見つかって、なんとなく覗いてしまった。
でもブログは無くなっていなくて、とってもうれしかった。
だって、昔のひと時の私が残っていたのですもの。

あれから10年経って、あの頃を振り返り、チャーチ坊の事がどんなにかわいかったかを思い出しました。
今日3月28日はチャーチ坊の命日です。
このブログを開いたのも偶然なのでしょうか。
かわいいチャーチ君にまた会えたような気持ちがします。

チャーチは2012年3月28日に家族の元へ旅たちました。
皆、元気にしてるかな~?
チャーチ君、教えてちょうだいね。

Chach, I miss you so much.
[PR]
# by KimKimNewYork | 2016-03-28 17:45 | 日記・ひとりごと

またまた久しぶりです!

ブログをまた書こうと思って、他のブログを立ち上げたら、このブログが見つかった。

もう探しても無くって、きっとタイプしたタイトルが間違っていたのかな・・・でも今日みつかった。
昔の事がいろいろ書かれていて、なくしちゃうのはもったいないような。

それに、不思議なんですが、このブログのタイトルが元気だからかな、
なんとなく筆も進むような気がします。

あー、本当にいろいろあった。
しばらく回想録になりますが、お付き合いの程。
[PR]
# by kimkimnewyork | 2012-04-26 08:01 | 日記・ひとりごと

長いブランクの後に

長いブランクの後に、またブログ復活です。

最期に書いたのはいつでしょうか?
2007年の12月のようです。

いろいろな事がありました。

2007年11月に10年ぶりに日本へ帰りました。
浦島花子の私は、寺神社巡りをし、妹の病気が治るようお祈りをしました。
関東から九州まで、北には行きませんでしたが、
満足した旅でした。初めて会う遠い親戚にもお目にかかり、
血が遠くても親戚が日本にいることに感謝。

2008年9月から癌と戦う妹の生活を助けるため、
彼女のBrooklyn宅へ住み込み。
10月にはこのブログでご紹介しましたmusicmanが癌と戦い続けた後、神様に召されました。
musicmanの死を見送り、同じく自分の癌とも戦い続けた私のたった一人の妹は、
半年後2009年4月、美しい春イースターの日に天国へ旅たちました。
その日は、世界中の人達が彼女の旅たちを祝うかのように祈りを捧げてくれました。

同年秋、11月頃から妹の猫、タケちゃんの調子が悪くなり病院へ。
余命なきと医者から覚悟を言い渡されましたが、奇跡の生還3ヶ月延命後、21歳という長寿をとげ、2010年2月に愛する妹の下に旅たちました。タケちゃんの旅たちと共に、大雪が降り始め、
火葬の日が2日延びる事になりました。タケちゃんが、私とグルちゃんのことを心配して家に長くいたかったのかなと思いました。大雪は美しい雪景色をタケちゃんの旅たちに届けてくれました。

2010年9月に私は2年ぶりの日本帰国。
久しぶりの東京を満喫し、セッションなどに出かけ、音楽シーンを少し探索。
NYに戻った後は仕事先が変わり生活に変化があり、バタバタしていたところ、
先週より、もう1匹の妹の猫、グルちゃんの調子が悪く、
緊急入院となり、3日入院後、帰宅はしましたが、秒刻みで様態が悪くなり、
苦しんだ末に意識が亡くなり、私の胸の中で静かに心臓が止まりました。
急性腎不全、14歳でした。
まだ若いグルちゃんの突然の死に余りのショックで5日間泣き暮らしましたが、
タケちゃんに甘えて育ったグルちゃんは今頃きっとタケちゃんと一緒だと思うと、
それでよかったんだと思えるようになって、涙がぴたりと止まりました。
グルちゃんの葬儀は空気の透き通った美しい秋晴れの日でした。
あまりに急だったので、早く妹とタケちゃんに会いたかったのかなと、
秋の青い空に高く舞い上がる煙はまるで天使の翼を付けたグルちゃんのようでした。

長いブランクでしたが、大切な命を見送ってきました。

また何か書いていこうと思います。

私の猫、チャーチ君は夏に20歳になりました。
高齢の猫は腎臓が弱って亡くなるケースが殆どですので、
覚悟はしていますが、まだよく食べるし、お漏らしもしません。
チャーチにはタケちゃんの21歳の記録を超えて欲しいな。
頑張れチャーチ!
[PR]
# by kimkimnewyork | 2010-11-13 11:11 | お知らせ

Love Songs 12-6-2007

世の中には数え切れないほどのLove Songがたくさんありますね。幸せいっぱいのもの。悲しいもの。歌手たちは、その抑えきれない愛する人への気持ちを歌い続けます。静かで気持ちをささやいてくれるような歌もあれば力強く愛する気持ちを表現する歌。そしてそれぞれの歌は、それぞれの愛によって表現されたり受け止められたりして人々の心の中に残るのです。

死にたくなるほど人を愛した事がありますか?
私を愛して欲しいと泣き叫んだ事はありますか?

失った愛への思いを歌った名曲、そして名パフォーマンスです。
今日は涙がでました。心を打ったのです。

目を瞑って曲と歌詞と彼の歌に耳を傾けてください。
A Song for You / by Danny Hathaway

ジェニファーの歌と演技には圧巻です。
And I am Telling You I am not Going (From Dream Girls on Broadway)/ by 82' Tonny Award winner singer Jennifer Holliday
[PR]
# by kimkimnewyork | 2007-12-06 15:11 | 音楽

Let it be.

今日、職場の39歳の人が「おめでた」であるのを知らされました。
とってもうれしくって飛び上がって喜んでしまいました。
「やったね!」って感じ。
このコが母親かあ~、とまじまじと顔を見てしまった。
私より5歳若いその女性の笑顔はとても初々しくてまぶしかった。
旦那さんとは15年くらい付き合いがあるらしく、なんだかとっても安心カップルで時期が来たって感じでしょうか。

同時に、自分が39歳の時を思い出しました。
とっても子供が欲しくって、「誰でもいいから~種ください」って思うほど欲しかったっけ。ま、私の場合はそのうちに縁があればそういう事もあるのだろうけど、年も年だから自分の運命というものを受け入れなければならないかなと思っています。

Let it be ~.
[PR]
# by kimkimnewyork | 2007-05-23 12:55 | 日記・ひとりごと

「みやげ」は、何も無し

今更、書くまでもないのですが、時代は変りましたね~。
インターネットをブラウズしていると痛感します。

個人の自己主張はネット上で何でもできますから。
歌手っていったって有名でなくていいわけですよ。
自分で歌ってmy space musicかなんかに載せれば誰かが聞いているわけで・・・。

日本は裕福な国だから人々が皆、自称アーティストなのに驚きます。
勿論良い事だと思います。
個人の生活水準が高いのですよね。
誰でもが楽器持ってたり、勿論ある程度弾きこなせたり・・・。
絵画や、写真、彫刻と、展示会を開いたり、開く場所があったりと・・・。

なんだか生活するのに必死な私達はなんなんでしょうかね。
収入だって円にしたら結構悪くないのに、この違いはなんなんでしょうかね?
私の生活に余裕がない??のかな??
日本だって生活するのは大変か・・・就職難みたいだし・・・。

ニューヨークに住むのが夢だったから住んではいますけど、最近はそれだけになってきているのが無念です。かつては大志をいだいていたものですけどね。日本に帰る事になると「みやげ」が何もないので空白を埋める自信もありません。「みやげ」、例えばニューヨークで凄い事したとか、有名になったとか・・・残念ながら何も無しです。

まあ、それが私なんですね。

f0089281_825376.jpg

My Love Cha-ch★
[PR]
# by kimkimnewyork | 2007-05-10 08:05 | 日記・ひとりごと

Saratoga Springs

彼リンは出張が多く、そのうちの半分くらいはUp Stateです。
あまりピンとこない場所ばっかりなので、私は普段はついて行きません。
今回は、ダービーで有名なSaratoga Springsという事もあり、しっかりチャーチ君も一緒に行く事になりました。

春から夏にかけて、緑の美しいSaratoga。アーティストなどが多く集まり住んでいる町で、小じゃれたレストランや、ブティックがMain Streetに立ち並びます。アメリカの田舎でも、Saratogaだったら住んでもいいなと思いますね。冬はちょっと厳しそうですが、スキーが好きな人などはスキーを楽しめるようです。

私達が行った日は、4月22日日曜日、大雨、洪水が通り過ぎた後の最高の良い天気の日でした。私は火曜日に帰ってきましたが、天気には大変恵まれました。

私は特別に観光をしたわけでも何かした訳でもないのですが、知らない小さな町を車で運転し道などを覚えるのが楽しかったです。さすがに金持ちの町です。どこもかしこもきれいでした。ビクトリアン調の大きな一件家が立ち並ぶ町並みは格式の高さとその歴史を感じさせてくれました。

不動産の価格は、7、8年前のWestchesterと同じくらいです。結構まともな家が$200,000代で買えます。日本だと二千5百万円くらいですかね。

行きは彼リンの運転で、帰りはチャーチ君を後部シートに載せ、私一人で帰ってきました。帰り道、チャーチ君が運転席に来たがって困った瞬間もありましたが、無事に止まることなく3時間弱にて家に着きました。87号線を一直線に降りてきましたので簡単運転でした。仕事柄、普段4時間くらいは平気で運転しますが、ぶっつづけっていうのは今回初めてでしたのでなんだか興奮していたようで家に帰っても疲れているはずなのになかなか眠れず、次の日は朝起きるのが辛かったです。

Greenwich Villageみたいな雰囲気のSaratoga SpringsのMain Street
f0089281_1035335.jpg

f0089281_10355576.jpg

f0089281_1036168.jpg

f0089281_10363732.jpg

f0089281_10372721.jpg

f0089281_10374472.jpg


夏はダービーで多方面からたくさんの人々が集まります。
f0089281_10543829.jpg

f0089281_1055044.jpg


天気の良い日でした。
f0089281_10561068.jpg

f0089281_10563287.jpg

[PR]
# by kimkimnewyork | 2007-05-03 10:57 | 日記・ひとりごと

運転手チャーチ君

先日、チャーチ君とドライブでSaratoga Springsへ。
New York State なんですが、首都Albanyよりちょっと北に位置します。
私の住んでいるWestchesterからは車で約3時間弱。
チャーチ君、初の長距離in Carでしたが、なかなか良い子でしたよ。

あっ、私がアメリカに移り住む時に、神奈川県から成田空港までも結構長く車に乗ったことがありました。あの時はまだ1歳で、泣いてばかりいましたね。

f0089281_957421.jpg

窓の外、興味シンシンだニャ。

f0089281_957429.jpg

運転してもいいかニャ。
[PR]
# by kimkimnewyork | 2007-05-02 10:00 | うちの猫



ニューヨーク在住の「きむ」です。自分の好きな事、書きたい事、我がままに載せていきま~す。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31